CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
「人気店で習ったドーナツレシピ」valが載ってます。
MOBILE
qrcode
         
<< キャットストリートでクロワッサンドーナツ | main | イタリア直送ドーナツの仲間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イタリア直送ヴェネチアンドーナツ

先日イタリア在住の友人がとても美味しそうなドーナツの写真をアップしているのを見て、脊髄反射的に「美味そう!食べたい!」とつぶやいたら、なんと近々来日するので買って来てくれるというのです!

うは〜〜!なんたる幸運。

世の中なんでもつぶやいてみるもんですよ!

忙しい方なので来日早々に某カフェにて怪しく取引。

こちらは、物々交換の品としてラ・テールのクラップフェンを用意しました。

日伊ドーナツ交換会ですよ!

カフェ店主のご好意で店内にてご開陳!


わ〜〜!!箱を開けたとたんに上がる上がる!

イタリアはパドヴァにあるCaffe' CavourFrittelle (別名ヴェネチアンドーナツ)です。

とても小振りなドーナツにはそれぞれクリームやチーズが詰まっています。

ヴェネチアンドーナツはカーニバルの時季になると至る所に出回り、町中の人がこれを頬張るのだとか。

季節限定ということで、稀少度もさらに高まります。

生地はクラップフェンと同じタイプです。

空気穴がたくさん開いていて甘さはなくしっとり…カヌレやシュー生地にも近いイメージ。

これがヨーロッパのドーナツの主流なのかもしれませんね。

カフェで2種類食べてみました。

プレーンに見えて濃厚なカスタードクリームが詰まっていました。
 

クリームが生地をしっとりと溶かしてとってもクリーミーでたまらなく美味しい!

小さいので一口でぱっくぱっく食べられてしまいます。

もうひとつはラム酒の効いたレーズンが練り込まれていました。
 

やはりカヌレのような空気穴のたくさんある生地で甘さはなくしっとりとした口当たりです。

ここから下は持ち帰って撮影しました。

パッコり割ってクリームを挟んだ姿が卵っぽくてすごく可愛い!
 

挟まっていたのは多分カスタードクリーム。

ですがカフェで食べたのとは種類が違うようです。

う〜ん私の鈍舌では明確なレシピが導き出せない…濃厚でふんわりでとろけます。

同じカレンツ入りでもこちらはオレンジの香りがしたのでオレンジピールも練り混まれていたかも。
 

もしくはオレンジキュラソーを何らかの形で使っていたかもです。


 

これはティラミス!
 

ビターなコーヒーパウダーに包まれて中には卵黄たっぷりなマスカルポーネチーズが詰まっていました。

甘さ控えめでなんてリッチなミニマスカルポーネでしょう。

ココアパウダーをまぶされたこのドーナツの中には、ラム酒の香りたっぷりのクリームが。

これも多分カスタードだと思うのですが、同じカスタードクリームでも味わいが微妙に違うのです。

チーズ的なものが練り込まれているような風味もあり。

最後はリコッタチーズです。
 

粉糖で甘ーくなったリコッタチーズがぷっくりふんわり挟まっています。

やわらかカンノーロとでも申しましょうか…うっとりです。

ああ、ほんとは現地で揚げたてを頬張りたい。

そしてお店の人に中身はなんだと根掘り葉掘り聞きたいものです。イタリア語しゃべれないけど。

イタリア直送揚げ菓子は次回に続きます!

| 海外ドーナツ | 13:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:45 | - | - |
コメント
コメントする