CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
「人気店で習ったドーナツレシピ」valが載ってます。
MOBILE
qrcode
         
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
PAULのドーナツ ベニエ2種
4年前にベニエを見つけてから毎回期待して覗いてはがっかりを繰り返していたフランス生まれの老舗パン屋さんPAUL(ポール)


久しぶりにベニエを発見して大喜びしてしまいました。


「ベニエ・ポンム」252円。
お店にある時は美しい佇まいだったのですが、この暑さの持ち帰りですっかり悲しい姿となってしまいましたー。
本当は上の写真のようにきめの細かいグラニュー糖に縞模様がついていたんですよー。

持ってみるとにかくずしりと重い。
密度の濃さが伺えます。


齧って先ずその生地の柔らかさにびっくり。
ふんわり空気がたくさん入っているというよりも、生地自体がクリーミーで柔らかい感じです。
生地の密度もかなり高いんですね。
そして中には甘〜いりんごのジャムがたっぷり詰まっています。
ざらりとした口当たりのジャムはとても濃厚です。


「ベニエ・ショコラ」252円。
チョコのベニエも持ち帰りの間にチョコが溶けてだれてしまいました。
この季節に完品を持ち帰るのは至難の業ですね。


こちらもずしりと重いです。
齧ると中にはチョコレートとヘーゼルナッツのフィリングがたっぷり。
ヘーゼルナッツの香りがとても強く芳ばしく、プラリネのチョコを食べているようにリッチなクリームです。
上にかかっているチョコはざりっとした砂糖の歯触りを感じます。
こく深くとても甘いチョコドーナツです。

ポールのベニエ2種、どちらも実に濃密でドーナツファンにはたまらない美味しさですよ。
暑い夏に、がつんとインパクトのあるドーナツでした。
 
| PAUL(ポール) | 23:10 | comments(4) | - |
ポールで見つけたドーナツ ベニエ・ポンム
外出の帰り道、食料品売り場の前を通るとついベーカリーをチェックしてしまう私です。
季節が変わると商品も衣替えしたりしますよね。
また今までドーナツを作っていなかった店もブームに乗って発売しはじめたかもしれないし!
徒労に終わることも多いのですが今日は新宿京王百貨店の「ポール」で収穫が!


「ベニエ・ポンム」220円。
リンゴジャムを包んだパン生地を揚げたドーナツです、のようなことが書かれていました。
うう、おいしいパン屋さんのドーナツ、うれしすぎます。
先日のベルリーナと同じく、シナモンシュガーと粉砂糖のダブルがけ。
しかもかなり巨大です。
直径15cm以上ありますよ。食べ応え充分ですね。


まわりがざくっとするほどしっかり揚がっているのに、パン生地のうまさとまぶしたお砂糖のバランスが良くてそれほど油っこさを感じません。
さらに、真ん中に入っているりんごジャムが驚くほど酸っぱい!
ほとんど甘さを感じないぐらい鮮烈な酸味。
これは個性的なドーナツですね。周りの甘さをジャムが打ち消してなおかつ勝っている感じ。
うう、同じベニエでラズベリーを作ってほしい!と強く願ってしまいました。
これからポールは必ずチェックしなくては!
| PAUL(ポール) | 23:08 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |