CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
「人気店で習ったドーナツレシピ」valが載ってます。
MOBILE
qrcode
         
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
宮崎シェラトンホテルのクロワッサンドーナツ

私のドーナツ天使、映画監督であり映画感想家の大林千茱萸嬢が仕事先の宮崎で見つけたドーナツをなんとハンドキャリーで空輸してくれました!

「クロワッサンドーナツ 日向夏」

宮崎シェラトンホテル「ニニギベーカリー&カフェ」で購入したそうです。

リングのクロワッサンドーナツに甘く煮た日向夏の輪切りが乗っています。

東京でよく見かけるクロワッサンドーナツは、どちらかというとクロワッサン生地のざくざく感を残そうとしているものが多いですが、このクロドはそのアプローチからして違います。

しっとりを楽しめるクロワッサンドーナツなのです。

ドーナツの間には濃厚なカスタードクリームがたっぷり絞られ、回りはグラニュー糖をまとっています。

その上にフォンダン?そして爽やかさを残しつつほどよく甘く煮た日向夏。

クロワッサン生地はふんわりしっとりとしつつ生地の層とむっちりとしたグルテンも感じられます。

幾重にも重なる層の食感と柔らかさそしてカスタードの味わい、それを引き立てる日向夏の甘酸っぱい香りにうっとり。

さらに特筆すべきはあとからやってくる油の風味の美味しさ!

バターの美味しさがクロワッサン生地そのもののレベルの高さを物語っています。

う〜ん、これは絶品です!

「クロワッサンドーナツ マンゴー」

長い移動で形が崩れてしまっていて申し訳ないです。

こちらはマンゴーフォンダンの上にマンゴーを象ったホワイトチョコが乗っているんです。

間にはマンゴーの風味あふれるカスタードクリームがたっぷり。

最近フレーバーで誤摩化したクリームやチョコばかり食べて辟易していたのですが、これは本物。

そして本物の果実を作ったクリームは美味しいんですよね〜。

参りました。

手の届かない宮崎の地にこんなに美味しいクロワッサンドーナツがあるなんて!

なんせ、本物のカスタードをたっぷり使用しているので要冷蔵な上に消費期限も当日どころかできれば半日以内に食べて欲しいという代物。

取り寄せることは不可能なんです。

ああ、他の味も全部食べてみたい。

しかし、宮崎はあまりにも遠い…

| ご当地ドーナツ | 11:12 | comments(0) | - |
野呂PAで見つけたあんドーナツ

皆さまGWはいかがお過ごしでしたでしょう。

普段さほど遠出をせずに近所をうろついているvalですが、今年のGWは一日東京を離れて千葉の友人宅に遊びに行きました。

その道すがら立ち寄った野呂パーキングエリアで揚げたてドーナツを発見しましたよ。

「野呂揚げドーナツ」160円。

注文すると奥のフライヤーでおばちゃんが揚げてくれます!

揚げたてブラボー!

そして砂糖をまぶしたらすぐにビニール袋に入れて手渡してくれました。

あちあち、ビニール溶けないかとちょっと心配・・・

やや大判な楕円形の平たいドーナツにたっぷりグラニュー糖がまぶっています。

噛みつくと生地はイースト生地。

中にはこしあんが潜んでいました。

あんこもさほど甘過ぎず、生地もふんわりで美味しいではないですか!

何よりも揚げたてを手渡してくれるのがもううれしくて!

熱々にじゃりじゃりが何とも幸せ。。。

次回も野呂に止まったらこのあんドーナツを食べようと心に誓ったvalであります。

| ご当地ドーナツ | 10:43 | comments(0) | - |
お土産にいただいた沖縄のドーナツ サーターアンダーギー
私にはドーナツの輪っかをアタマにつけた優しい天使がたくさん友人にいるのです。
彼女たちは東京をほとんど離れない私を哀れんで、地方のご当地ドーナツや、海外のドーナツを、届けてくれるのです。
ああ、天使さまありがとう!

そのうちの一人、フードライターの吉田恵理子ちゃんが、沖縄のサーターアンダギーをお土産に買ってきてくれました。
しかも、沖縄通の漫画家いしかわじゅん先生が直々に案内してくれた最高峰のサーターアンダーギ−ですよ!きゃ〜〜!


呉屋てんぷら屋「サーターアンダーギー(砂糖てんぷら)」。
検索して私初めて知りました。
サーターアンダーギーって別名「砂糖てんぷら」って言うんですね!
砂糖てんぷら!なんて素晴らしい名前!


揚げたては回りさっくり中ほっこりで、最高の味わいだったそうですが、翌日に食べましたので当然のことながら固くなってしまってはいました。
しかしながら、混ざり物のないしっかりと素朴な生地はとても味わい深く、ああ、揚げたてはいかほどか〜〜と彼の地に思いを馳せずに入られませんでしたよ。
砂糖天ぷらの名に恥じず、甘みもしっかりと舌の奥の両脇にじょわ〜〜んときます。


黒糖は、激しく主張するのではなくもぐもぐしてると優しくじんわりその香りが広がる感じ。


いつの日か、現地で揚げたてを食べられる日が来ることを心から夢見まする。

 
| ご当地ドーナツ | 09:51 | comments(0) | - |
元祖柴田農園「嶽(だけ)きみドーナツ」
青森に出かけた映画感想家の大林千茱萸さんが、またしてもご当地ドーナツをお土産に買って来てくれたんですよ。
もう出張費用をお支払いした方がいいかも?笑)


元祖柴田農園「嶽(だけ)きみドーナツ」。


ほっそりとしたやや小振りな輪っかです。
「嶽きみ」とは、青森県岩木町で生産されているとうもろこしなのだそうです。
調べてみたらとても甘くて感動するうまさらしい。
う〜〜ん、食べてみたい。
このドーナツはその嶽きみのパウダーを使って作られているのだそうです。
正しくとうもろこしどーなつですね。


齧るとしっとり柔らかで素朴なケーキドーナツ。
油のしみ込みも程よいです。
そして、おお!確かにトウモロコシのあの独特の穀物味がします!
この甘さも嶽きみ本来の甘さなのかな?
密度が濃くねっとりと溶けて喉に詰まる〜〜!!
この喉つまり感久しぶり。
牛乳が欲しくなるケーキドーナツならではの美味しさです。

ご当地ドーナツ、個性的でいいですね!
生産者の愛情や工夫が感じられるところも、魅力のひとつですね。
| ご当地ドーナツ | 11:36 | comments(2) | - |
長岡から届いた米粉ドーナツ
 日本中を飛び回っている映画感想家の大林千茱萸 さんが、今度は長岡で米粉のドーナツを見つけて買って来てくれました。
ドーナツを見つけると素通りできない悲しい体質になってしまったようですね。
本当に申し訳なく、そしてありがたいです!笑)


越後川口物産(株)「手づくり こしひかりドーナツ」。


小振りなケーキドーナツです。
見るからにしっとりとした風貌ですよ。


齧ると、この小ささで輪っかなのになんとあんこが入っています!
しかもぐるりと一周!
なんて可愛いあんドーナツ!
しっとりやわらかケーキドーナツにきめ細かいこしあんがとっても良く合います。
しっとり生地ですが、食べていると微かにさらりとほどけて行く米粉らしい食感も感じました。
消費期限が長いのでストックドーナツにもぴったりですよ。

しかしこれ、成型難しそう。
どうやって挟むのかとっても不思議です。
| ご当地ドーナツ | 21:43 | comments(2) | - |
| 1/1PAGES |