CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
「人気店で習ったドーナツレシピ」valが載ってます。
MOBILE
qrcode
         
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カフェデュモンド 春のニューオリンズドーナツ
カフェデュモンドのベニエにもいちごが登場していました。

「ストロベリーカスタードベニエ」ドリンクとセットで691円。

ストロベリーソースの上の一口大の四角いベニエにぐるりと囲まれているのはカスタードクリームとホイップクリーム。


ベニエは揚げたてで、外はさっくり中はもーっちり。
以前のパサッとした硬めの生地も素朴で好きでしたが、ふんわりとした口当たりはやっぱりうれしいですね。
リニューアルしてからベニエはさらに美味しくなりました。
ストロベリーソースもフレッシュさを残して甘過ぎず爽やか。
Wクリームとの相性もばっちりです。

もうひとつのいちごメニュー、ディップベニエ ストロベリーチーズもとっても美味しそうでした。
| カフェ・デュモンド | 23:32 | comments(2) | - |
カフェデュモンドのディップベニエ
2015年最初のドーナツは、実はカフェデュモンドのベニエでした。
注文してから揚げるので、提供されるまでに少々時間はかかりますが、ドーナツの真髄、揚げたて熱々を食べられます。

カフェデュモンドのベニエは四角くて素朴な味わいが特徴。
全く甘みのない、むしろ素っ気ない感じの生地が個性的で魅力的なのです。
 

アイスクリームとの組み合わせのプレートもありましたが、この日はシンプルに冬らしくホットチョコレートのディップを選択。
 

「ディップベニエ ホットチョコレート」313円。
ホットチョコレートと言えば、スペインのチュロス&ホットチョコレートを思い出しますが、あれに比べると、ややチョコレートの量は控えめ。


一生懸命突っ込んで


やっと先っぽにつく感じ。


でも熱々ベニエにホットチョコレートの組み合わせは鉄板の美味しさです!
寒い日に頂くと、より幸せ気分を味わえますよ。

次はキャラメルチョコレート アイスベニエ狙いで行ってみます。
| カフェ・デュモンド | 22:26 | comments(0) | - |
カフェデュモンドのもちドーナツ?
カフェデュモンドの秋のベニエがもち?と聞いて慌てて行ってきました。


「十勝産あんもちベニエ」飲み物とセットで700円。
もちドーナツと言えば普通中にもちを仕込みそうですが、ベニエが求肥(ぎゅうひ)に覆われています!
なんだかとっても斬新!
抹茶パウダーもかかって思いっきり和菓子テイストですよね。

添えられているのはアイスクリームと粒あん。
さらにこしあんソースとあられがぱらぱら。


カットしてみると見えるでしょうか。
ベニエと求肥の間にホイップクリームが隠れていました。
なんとも盛りだくさんですね。


ベニエと柔らか〜い求肥とホイップクリームはなかなかいい相性。
あられのクリスピー感もとても愉快です。
こしあんソースだけでも充分じゃね?って感じもしますがさらにアイスクリームと粒あんでクリーミーと甘さ増し増しです。
いろいろ合わせ過ぎて焦点がぼけた感もありますが、なかなかの意欲作。
美味しく頂きました。

 
| カフェ・デュモンド | 15:41 | comments(2) | - |
カフェデュモンドのドーナツが入ったパルフェ
カフェデュモンドの夏メニューにベニエパルフェを発見して行ってきました。


「Wマンゴー ベニエパルフェ」480円。
いつものベニエ・プチの上にアイスクリームが乗っているんだとばっかり思っていましたが違いました。


グラスの底には塩マメのようなつぶつぶした物体が!
これって新感覚のサクサクミニベニエなんだそうです。


奥からごそごそ引っ張り出してみましたが、見た目も塩マメっぽい!
つぶつぶ小さくて、食感はしっかり揚がったクラッカーかビスケットのよう。
塩気があってサクサクです。

上にはバニラアイスクリームと冷凍マンゴー&マンゴーソース。
思ったよりサイズたっぷりで、普段あまりパフェを食べない私はちょっとビビりましたが、フレッシュで冷た〜いマンゴーと酸味のあるソース、そしてかなりたくさん隠れていたさくさくベニエに助けられて無事完食できました。 

暑い日にオススメなパルフェでありました。
| カフェ・デュモンド | 23:33 | comments(4) | - |
カフェデュモンドのニューオリンズのドーナツ ビターカフェモカのアイスクリームベニエ
カフェデュモンドのもうひとつの冬ベニエを食べてきましたよ。


「ビターカフェモカのアイスクリームベニエ」飲み物とセットで730円。
揚げたてベニエにはココアパウダー、添えられているのはアイスクリームとホイップクリーム。
そして小さなピッチャーにカフェモカソースがついてきます。


「かなり苦みがあるので気をつけておかけください」と、店員さんから一言あったので、ちょっと用心してたら〜り。


どれどれ、と齧ってみると、確かにこのカフェモカソースすごくビター!
甘みは全くありません。
ホイップも微糖なので、甘さはほぼアイスクリームのみ。
アイスクリームが添えてあるのに、とてもビターで甘さ目一杯控えめです。

暖かいベニエと冷たいアイスクリームの温度差がとても美味しいんですよね〜。
融けないうちにとあわてて食べるのであっという間に完食。
苦みばしった大人ベニエでした。
| カフェ・デュモンド | 10:58 | comments(0) | - |
カフェデュモンド ニューオリンズのドーナツ 2012クリスマスベニエ
カフェデュモンドのシーズナルベニエがクリスマス仕様になりました。
二種ありますが先ずはベリーを頂いてみました。


「まるごとイチゴのアイスクリームベニエ」450円。
揚げたて熱々のベニエとアイスクリームとホイップクリームとフレッシュいちご、そしてベリーソースの一緒盛り。
苺は贅沢に丸ごと1個どーんと乗ってます。


ベニエ、ふんわりで本当に美味しくなりましたね。
揚げたてなので、強力なうまさですよ。

ベリーソースは甘いのですが、クランベリーの弾ける酸味がとっても新鮮。
ソースの甘さ、アイスクリームの甘さを爽やかにまとめてくれます。

やっぱり揚げたてに勝るものなしですね。
今月中にもう一度訪ねて、もうひとつのクリスマスベニエ、「ビターカフェモカのアイスクリームベニエ」にも挑戦したいです。
| カフェ・デュモンド | 10:31 | comments(0) | - |
カフェ・デュモンドの四角いドーナツ リニューアル
 カフェ・デュモンドご自慢の四角いドーナツ「ベニエ」がなんと20年ぶりにリニューアルしたんだそうです。
そう聞いてもういても立ってもいられず行ってきました。

プチ・キャラメル・チョコにしようか迷って、今回はシンプルなベニエを選択しました。


「プレミアムベニエ シナモンシュガー」カフェオレとセットで530円。


以前よりひとまわり大きくなりましたね。
シナモンシュガーがたっぷり降り積もっています。
もちろん注文してから揚げて席まで運んでくれます。
1個からでも注文できますよ。


齧ると中から熱風が吹き出してくるほど熱々!
以前はグルテンの強い感じのぱさっと硬い生地で、それがまた美味しかったのですが、新しくなって外はさっくり中はもっちりと軽くなりましたよ。
粘りのあるチュロ生地といった感じでしょうか。
塩気の強い生地が味わい深くてとっても美味しいです!
シナモンシュガーとの相性も抜群ですね。

これはリニューアル大成功じゃないでしょうか。
次回小さいサイズのプチ・キャラメル・チョコを食べるのが今から楽しみです。

| カフェ・デュモンド | 20:06 | comments(2) | - |
カフェ・デュモンドの四角いドーナツ ベリー&チーズクリームベニエ
池袋に行くチャンスがあったので、カフェ・デュモンドに寄りました。
お目当てはもちろん四角いドーナツベニエ。
HPでシーズナルのドーナツがあることをチェックしていたのです。


「ベリー&チーズクリームベニエ」350円。
ひとくちサイズの揚げたてベニエに囲まれているのはチーズクリームとベリーソース。


注文してから揚げてくれるニューオリンズ仕様の四角いベニエは、グルテンたっぷり。
塩気が強くもっちりとしてやや粉っぽい風味がまた美味しい。
ベリーはブルーベリーが一番主張していた印象。
マスカルポーネを使った軽〜いホイップクリームも揚げたてベニエによく合ってました。

カフェ・デュモンドは揚げたてを出してくれる貴重な店。
次回のシーズナルも、期待してます。
| カフェ・デュモンド | 09:06 | comments(2) | - |
カフェ・デュモンドの四角いドーナツ アイスクリームベニエ
池袋で打ち合わせがある日は、やっぱりカフェ・デュモンドでベニエを食べて帰りたい。
チュロスターも加わったのでどちらにしようか悩んだのですが、この日は時間がなかったので駅に近いデュモンドで。


「アイスクリームベニエ(カシス&ベリー)」(飲み物とセットで)650円。
夏限定のベニエが発売になってると知って楽しみにしてたんですよ〜。
揚げたてベニエにアイスクリームが添えられ果実ソースがたっぷり。

以前ベニエは「5~7分お待ちいただきます」と番号札をいただいてしばらく待たないと出て来なかったのですが、今は待つほどもなく「揚げたてです!」と提供されるんですよね。
一度火の入ったものをオーダーが入ってからもう一度高温で揚げているのでしょう。
生地が硬くぱさっとした印象になったのもそのためかもしれませんね。
確かに揚げたてではあるけれど・・・魅力が半減してしまった感は否めません。
私は揚げたてのためなら喜んでいくらでも待つけど、待つのがいやなお客さんもたくさんいるんだろうなあ。


生地に歯応えがあってモッチリしているので、ソースやアイスと一緒になる時はナイフが欲しかったかも。
ソースはいちごとブルーベリーの果肉たっぷり。甘いだけじゃなくしっかり酸味も感じられるのがとてもうれしい。
アイスクリームの甘さを果実ソースの酸味が中和してバランスのとれた美味しさでした。
ああ、これが以前のほんとの揚げたて生地だったら・・・。
いや、言いますまい。

いつか是非本場ニューオリンズのカフェ・デュモンドに行ってみたいものです。
| カフェ・デュモンド | 19:03 | comments(2) | - |
池袋で三角の揚げたてドーナツ ベニエ
今日は打ち合わせで池袋に行きました。
池袋と言えば、「カフェデュモンド」に寄らないわけには行きません。
「カフェデュモンド」はニューオリンズ発の揚げたてドーナツ「ベニエ」が食べられるチェーン店のカフェ。
近所にはないので、池袋に来ると必ず立ち寄ることにしています。
以前も食べた「キャラメル&チョコベニエ」を注文しようとしてカウンターのメニューにシーズナル商品を発見!あわてて変更しました。


「マロンベニエ」380円。
期間限定商品は四角じゃなくて三角ベニエです。
マロンソースと栗の粒がトッピングされててとても華やかな秋の風情。

今回初めて知ったのですが、カフェデュモンドではショップスタッフが考案するメニューコンテストがあるのだとか。
このマロンベニエは今年のグランプリ作品なんだそうです。
ショップから新しいメニューが生まれるなんて、すごくすてきな話ですよね。
以前のミスタードーナツのファンシーを思い出して、なんだかすごくうれしくなってしまいました。


ベニエはちょっと粉っぽくてしっかりした生地の弾力がある、何とも懐かしく素朴な味。
添えてあるクリームはやや甘いんですが、マロンソースが甘さ控えめなのでそれほどくどくならず美味しくいただけました。
やっぱり池袋に来たら、揚げたてベニエを食べなくちゃね。
| カフェ・デュモンド | 23:50 | comments(2) | - |
| 1/2PAGES | >>