CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
「人気店で習ったドーナツレシピ」valが載ってます。
MOBILE
qrcode
         
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アンドナンドでテイクアウトしたドーナツ
何となく間遠くなるアンドナンド
なかなか行けないので行くと欲を出してごっそり買ってきてしまいます。
でも店頭には全種類は並んでなかった感じですね。
平日はある程度、売れ筋商品にしぼって販売しているのでしょうか。
お客さん少なかったしなあ。(心配)


「グラニットシュー カラメルカスタード」230円。
包み紙もオシャレで高級感が漂ってますね。


ごつごつっとした風貌に粉砂糖がたっぷりかかっててすごく美味しそう。


シューがとにかく柔らかい。
ふんわりふわふわ。
真ん中にホイップクリームとカスタークリームとカラメルソース贅沢に挟まってます。
カラメルがほろ苦くて甘過ぎなくてうまい!
粉砂糖まみれになりながら食べました。
今回はなかったけど「ブランデーショコラ」も美味しそうですよね。
今度食べてみようっと。



「クラシックチョコレートドーナツ ショコラ」180円。
これは以前も食べましたね。


かじると懐かしいざっくりしたキメの粗いケーキドーナツ。
失われたミスドをここで発見。(笑)



「トラディショナルドーナツ シナモンシュガー」150円。
ココナッツを練り込んだオールドファッションだそうです。


とてもオイリーでざっくざく。
これぞオールドファッションって感じの歯触りでおいしいのですが、オイリーなだけに油の癖のある匂いがちょっと気になりました。
val的にはこれにどひゃ〜んとグレーズがかかっててくれると、ど真ん中なんですけどねえ。



「プレミアムドーナツ アップルシナモン」230円。
これは結構ジャンボサイズ。
素朴な風貌に惹かれます。


このシリーズ、好きです。
少し固めのもっちりパン生地が噛み締めるほどに美味しい。
ところどころに散らばってるリンゴの果肉もいいですね。
ただし、これも結構油をすっているので、ちょっと気になる油の匂い。
これが解消されたら、文句なく美味しいのに。

う〜ん、新しいドーナツがたくさんあるってワクワクしますね。
さあ次はミスドのデコドだ!
| アンドナンド | 10:44 | comments(0) | - |
アンドナンドのドルチェドーナツ
ものすごく久しぶりにアンドナンド渋谷店に行ってきました。
ドルチェドーナツの噂を聞いて、行かなくちゃ行かなくちゃと思いながらなかなか足が向かなかったアンドナンド。
もう少し駅から近ければうれしいのになあ。


「エスプレッソアフォガード」400円。
飲み物とセットで650円です。
これを安いと見るか高いと見るか〜?


ほわほわクリームのかかったドーナツに、さらに自分で温かいエスプレッソをかけていただくわけですね。
まさにドルチェドーナツですねえ。


ナイフを入れるとぷしゅ〜とつぶれちゃうぐらい柔らかいドーナツ。
ほんのり温めてありますが、揚げたてというわけではありません。


ドーナツの真ん中にメイプルフィリングが隠れていました。
無糖のホイップクリームは、ほら、最近良くあるホイップした牛乳、あの泡を思わせるほどに軽いです。
その軽いクリームをたっぷりまとっているふんわりドーナツは、ぐじゅぐじゅ〜〜んとなって子供の頃に食べたパン粥を思わせる柔らかさ。
う〜ん、これはうまいです。
暖かいドーナツにクリームは、パンケーキやワッフルにも通じる最強の組み合わせです。
さくさくナッツも小気味良いアクセント。
クリームがいっぱい落ちていっちゃうので、スプーンがあるとさらに○だったかもです。

何となく申し訳なさそうに売られていたドーナツラスクも店内でいただきました。


「ドーナツラスク シュガー」50円。
横半分に割ったドーナツのラスク。粉砂糖がたっぷり。


ミルクとバターの風味たっぷり。
だけどラスクっていうさくさくした歯触りじゃないですね。
う〜ん、噛み締める感じのクッキー?
これは、昨今のラスクブームにのっかってわざわざ開発した商品なのかしら?
それとも、まさか売れ残りのアレンジ?
と想像力をかき立てられる、ちょっとびみょ〜な味わいでございましたよ。

久しぶりにお店でいただいて、一つ気になったのが以前も書いたかもしれないですけど煙草の煙。
広い店内は一応分煙されてるんですけど、煙がダダモレなんですよ。
入った瞬間すごく煙草臭いの。
テラス席もあるので肩身の狭い愛煙家さんにとってはオアシスなのかもしれず、それが余計に煙を呼んでいるのかもしれませんねえ。
オシャレな高級ドーナツ屋さんのイメージとはほど遠い煙の匂い。
なんとかならないもんだろうか、もったいないな、と思ってしまいました。

持ち帰ったドーナツは次回に続く。
| アンドナンド | 00:13 | comments(2) | - |
アンドナンドでテイクアウトしたドーナツ
先日のアンドナンドでは、お店で食べるだけでなく、2品ほど持ち帰りました。


「メープルアーモンド」250円。
つやつやと、実に美しいドーナツです。


リッチドーナツと同じようなふんわりイースト生地を取り巻くメープル風味のグレーズ、そしてクリスピーなアーモンド。
ふわっ、かりっ、これだけでも美味しいのに中心にぐるりとメープルシロップフィリングが。
お、おしい!肝心のフィリングがちょっとお軽めな風味でした。
アンドナンドは、どうもジェリーやグレーズやフィリングが鬼門ですね。


「ワインレーズン」250円。
あ、しまった。これは後ろ姿を撮ってしまいましたね。失礼しました。


去年とても美味しかった「黒糖(いちじく&レーズン) 」を彷佛とさせるシックな風貌。
ワインを練り込んだリッチなイースト生地は、リンゴ種を使っているんだそうです。
そこにたっぷり練り込まれた洋酒漬けの干しぶどう。
表面でこんがりフライドされた干しぶどうがやけに香ばしい。
これ、どこかで食べた味だな〜。
あ、レーズンパイに似ています。

このシリーズは生地ももっちりで大人のドーナツって感じがしますね。
次回作にも期待したいです。
| アンドナンド | 22:37 | comments(9) | - |
久しぶりにアンドナンドのドーナツ
たまには行きたい、と思いながらあっという間に一年経ってしまったアンドナンド
渋谷に用事があったので久しぶりに寄ってみました。

昨年のオープン時とは打って変わって休日だったのに実に静かな店内。
広々としたセンスの良いイートインは、空いているととても居心地がいいですね。
私には居心地がいいけれど、営業的には大丈夫なんだろうか?そういえば駅前ではクリスピーのホットライトがびっかびか光ってましたっけ。とちょっと心配してみたりして。


ドーナツもずいぶん様変わりした模様。
体に優しそうなソイラテと一緒に、いただきました。


クラシックチョコレートドーナツ「ショコラ」180円。
チョコレート生地にチョココーティング、そしてクラッシュアーモンド。


ほろっと崩れるリッチなチョコケーキドーナツにクリスピーなアーモンド。
この湿気ってないかりかりアーモンドがうれしい、美味しい!
ドーナツのトッピングはこうでなくっちゃ!


プレミアムドーナツ「ブルーベリーチーズ」250円。
ブルーベリー風味のふわふわプレミアムドーナツの中に、クリームチーズが隠れています。
この組み合わせ、美味しくないわけないですよね。


ところが・・・、
このブルーベリーグレーズの味は、どこかで食べた記憶があるぞ〜。
あ!シンプソンズの毒毒ドーナツだ!(笑)
あの味にそっくり!

せっかくプレミアムなんだから、グレーズにももうひと頑張りしてほしかったな〜。
さすがミスド、とも言えますけどね。
| アンドナンド | 21:34 | comments(6) | - |
アンドナンド(andonand)のドーナツ 希望の光射す後編
一度の負けで、背を向けるにはミスドとの付き合いは長すぎる。
私は情のある女。

ということで、真夏の再チャレンジ、アンドナンド後編です。


久しぶりのアンドナンドは平日の昼下がりとはいえ、夏休みなのにがらがら。
そうだここは大人のミスドなんだから、夏休みは関係ないのですね。
あの喧噪はどこへやら、ゆっくりドーナツを選び、今度は禁煙席に座りました。
ミッドセンチュリー風の落ち着いた静かな店内で食べたのはこのドーナツ。


プレミアムドーナツの黒糖(いちじく&レーズン)とクラシックドーナツのメープル。


メープル。
卵たっぷりのケーキドーナツにしっとりするほどのメープルコーティング。
柔らかい口溶けの向こうにしっかり見えかくれするミスド味。


黒糖(いちじく&レーズン)。
地味な外見、パンドーナツということでそれほどの期待もなくひとかじり。
なんと、うまい!
すごくうまい!
一瞬パサつきを感じるほど空洞の多い生地が、イチジクのぷちぷちで程よいバランスに、さらに練り込まれたクルミが食感を見事に底上げしています。
良かった、もう一度ここに来て。
280円はちょっとお高いけど、今日のように空いててゆったりお茶ができるなら所場代として良しとしよう。でもコーヒーはおかわり自由にしてね。


調子に乗ってもう一つ、クラシックドーナツのシナモン。


生地はメープルと一緒ですね。
シナモンコーティング、辛いほど濃ゆい。ベースが一緒なので、コーティングで違いを際立たせる必要があるのかもしれません。


さらにふた品持ち帰りました。


再挑戦プレミアムドーナツのリッチチョコ。
中が空洞になっていて、ぐるりとチョコレートクリームが入ってます。
評価変わらず。相変わらず上のナッツが邪魔に感じます。
これをなくして価格をもうちょっと(以下略)


クラシックドーナツのレモンティ。
このコーティングはもしかしてアールグレイにレモン入れちゃった?
それは合わないだろう、と思うのは私だけでしょうか?
二つの香りが相まって、南国系というか、芳香剤系というか微妙な味わいに。
やっぱりミスドのフルーツフレーバーには注意が必要です。


ということで、黒糖一つのおかげですっかり立ち直れました、私。
また渋谷に行ったら、立ち寄るかもしれません。
しかし、あの空席状況とトレー返却口に漂っていたかすかな腐臭を考えると、アンドナンド公園通り店、短命かも?
アルバイトのみなさんにはもうちょっと頑張っていただきたいです。
せっかくオシャレなお店なのだから。
| アンドナンド | 11:53 | comments(2) | - |
アンドナンド(andonand)のドーナツ 落胆の前編
ミスタードーナツが渋谷公園通りに開店した大人のためのドーナツ屋さん「アンドナンド」

実は大混雑の開店間際に一度行ったのです。
その時はあまりの混雑で落ち着けない店内だったことに加え、期待したリッチドーナツがやっぱりミスドのドーナツだった落胆と、それに見合わない価格の高さに呆然として、見ないふりしてしまいました。


その時の店頭はこんな感じ。


休日だったせいもあって人人人。

喫煙席しか空きがなく、換気の悪い煙もうもうの中でドーナツをいただきました。


右手前から時計回りに、プレミアムミックスベリー、クラシックシナモン、プレミアムリッチチョコレート、プレミアムメープル。
プレミアムドーナツはパンドーナツの中心に空洞があり、そこにそれぞれクリームやジャムが入っていました。


ミックスベリーは酸味がうれしいベリーソース入り。
見た目より甘さ控えめで食べやすい。
でも何と言うか、リッチな生地は分かるんですけど、やっぱりミスドのドーナツ。(笑)
ミスドのリッチドーナツがもうちょっとパンぽくなって穴があいた感じ。

リッチチョコとメープルにいたっては、上のナッツがはっきりいって邪魔。
これなくして安くしてくれませんかねえ。
250円は高いよな〜。

ケーキドーナツはさらにミスドっぽくって、「高い思いして行かなくてもいい、近所のミスドでいいや。」とがっかりしながら帰ってきたのでした。

そんなわけで、ミスド、がんばり過ぎなくていいから!今のままで充分愛してるから!高級ドーナツを意識しないでいいから安くておいしいドーナツ作ろうよ!という切ない感想。

でもほめるとこないなんて、悲しすぎる。
もう一度行って、もう一度食べてこなくては気が済まない。
一敗してへこたれてる場合じゃないわ!

ということで、真夏の再チャレンジは後編に続く。

プレミアムドーナツ 250円 クラシックドーナツ 180円
| アンドナンド | 07:57 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |