CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
「人気店で習ったドーナツレシピ」valが載ってます。
MOBILE
qrcode
         
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ブレッドバスケット(バンデロール)のデニッシュドーナツ
先日クロワッサンドーナツを探しにブレッドバスケット(バンデロール)武蔵境店を訪れた時、たまたま週に一度の100円セールの日に当たってしまいました。
毎週水曜日は100円セールの日でクロワッサンドーナツは発売してないんだそうです。
かなりショックでしたが、実はブレッドバスケットでは他にもたくさんドーナツを売っていたのです。
気を取り直して、デニッシュドーナツを買ってみました。
いろいろな種類がありましたがシナモンシュガーとチョコを選択。


「デニッシュドーナツ シナモン」105円。
パン屋さんでよく見かけるポピュラーなデニッシュドーナツですね。
長さ18cmとうれしいジャンボサイズです。


幾層にもなったデニッシュ生地がさっくさく。
見た目は層になっていても齧ってみるとパイ生地ではなくふんわりパン生地でがっかりと言うことも多いのですがこれは期待通りのざっくり感です。
こういうタイプの生地は油を吸い過ぎてしまう恐れもあるんですが、もちろんオイリーでありながらほどよい油のキレ具合。
シナモンシュガーのじゃりじゃりも超マッチ。
これはおいしいデニッシュドーナツですよ!


「デニッシュドーナツ チョコ」105円。
てかてか光るチョコバージョン。
この輝きを見るだけで上がります。


さっくさくデニッシュ生地にたっぷりチョコレート。
うまくないわけがなーい!


「サーターアンダギー」90円。
これもパン屋さんでたまに見かける沖縄名物サーターアンダギー。
さてどんな味わいでしょう。


とにかく回りがさっくさく。
時間が経ったサーターアンダギーはただただ固い重いものも多いですが、これはクリスピー感をしっかり残していますよ。
そのくせ中はしっとりほっくり。
甘過ぎない生地もうれしいです。
本場のものを食べたことがないので大きな口は叩けないのですが、今まで食べたサーターアンダギーの中で一番美味しいかも!

ブレッドバスケットはパン屋さんの定番ドーナツもとっても美味しいとわかりました。
近所にあったらうれしいのに!

 
| バンデロール(アンジェリークニューヨーク) | 22:15 | comments(0) | - |
バンデロールのクロワッサンドーナツ
NYで連日大行列と噂のクロワッサンドーナツ「クロナッツ」が、日本でも発売されていると聞き買いに行って来ました。

日本で発売しているのはクロワッサンドーナツ専門店アンジェリークニューヨークとバンデロール各店。
どうやら本家のクロナッツとは違うオリジナルレシピでの発売だそうです。


ブレッドバスケット武蔵境店に並んでいた6種類全部買ってみましたよー。
サイズは思ったより大きめの直径9cmぐらいです。


「NYクロワッサンドーナツ クリスピーチョコレート」160円。
クロワッサン生地のドーナツ2つでチョコレートクリームをサンド。
上にはクランチチョコレートのデコレーション。


横から見るとこの厚み!
見た目にもざくざく感が伝わってきますよね。


厚みがあるのでがぶりつくと顎関節に支障が・・・(笑)
クロワッサン生地はさっくさく、チョコレートとの相性もばっちりでとても美味しいです。
これで160円はかなりお得なのでは!


「塩キャラメルチョコレート」160円。
キャラメルチョコとスライスアーモンドのトッピング。


はみ出るほどのたっぷりャラメルクリームがサンドされています。


キャラメルがザクザクとした歯触りで塩気も強くてとても美味しいです。


「ストロベリーチョコレート」160円。
ストロベリーチョコとクランベリーのデコレーション。


流れる落ちるチョコのビジュアルがいいですね。


がぶると顎はずれそう!
フォークで食べる方が安全かも。


「スマイルホワイトチョコレート」160円。
ホワイトチョコレートに陽気なスマイル。


挟まっていたのはチョコでした。


「リッチ抹茶チョコレート」160円。
鮮やかな抹茶チョコにコーヒービーンズのデコレーション。


ホワイトチョコがサンドされていました。


「レモンクリーム」180円。
レモンクリームチョコにシマシマ模様。


レモン風味のチョコとサンドされているレモンクリームがとっても爽やかです。

そもそもオイリーなクロワッサン生地を揚げるわけですから、さくさくですが生地は重いです。
パン屋さんのチョコレートはそれ自体も油脂分が強いのでひとつ食べるとかなりガッツリ来ます。
本家NYのクロナッツはカスタードクリームをサンドしているとか。
この生地にはクリームのクッションがあった方が一段軽くなって食べやすいかもしれません。
さらにフレッシュなフルーツとか組み合わせたら・・・と夢は膨らみますが、それでは160円の単価では無理ですね。
 
アンジェリークニューヨークは15日まで銀座松屋に期間限定で出店しているそうです。
限定フレーバーの発売もあるそうなので要チェックですね!
| バンデロール(アンジェリークニューヨーク) | 19:49 | comments(10) | - |
| 1/1PAGES |