CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
「人気店で習ったドーナツレシピ」valが載ってます。
MOBILE
qrcode
         
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
閑話休題 雛にドーナツ

今日は雛祭りですね。

娘のいない家庭において雛祭りは外から眺める行事でしかないわけですが、考えてみたら自分も雛祭りの主役だった時代があるわけですよ。

今は昔となりにけりですが…

当然産まれた時に揃えてもらった雛人形もあるわけでして…


と言うことで今年は何十年ぶりかで自分の雛人形を引っ張り出してみました。

既にアンティークの領域に入った感のある木目込みの親王飾り。

子供の頃はこの下膨れおたふく顔のお雛様が嫌いで、従姉妹が持っていた七段飾りのうりざね顔のお雛様に憧れたものですが、今となっては懐かしさと共に愛着がわくものですねえ。

さて、valの雛祭りですので菱餅と共にドーナツを供えてみました。
高杯にぴったりな大きさだったのは、山崎製パンの名作「ケーキドーナツ(4)」。

高杯は本来紅白の丸餅をのせるものですが、今の時代、この時期に丸餅はなかなか入手困難。

そうなるとぴったりハマるものはやっぱりドーナツですよね!

お雛様も心なしかうれしそうでした。

| ドーナツ雑記 | 10:38 | comments(2) | - |
val's life的2012 うまかったドーナツ10選!
大きなブームが去り、店舗を減らす店も多く、やや寂しい気配の漂うドーナツ業界ですが、新しいドーナツ店の進出や、老舗店舗の商品リニューアルなど明るいニュースもたくさんありました。
終わってみれば今年も新しいドーナツにたくさん出会いましたよ。
その中から今年も記憶に残ったドーナツ10傑を選んでみました。



先ずはDEAN&DELUCAで見つけた「アップルフリッター」
DEAN&DELUCAにはたまに揚ったものが登場するので目が離せません。
その中でもアップルフリッターは新鮮な衝撃でしたね〜。


輪切りの紅玉をふんわりフリッター生地で包んでカリッと揚げてあるのです。
上にかかっているグレーズからはシナモンの刺激的な香り。
果肉の新鮮でジューシーな味わいとフリッター生地のふんわりがなんとも美味しいフリッターでした。
あれから見かけませんが、ぜひまた出会いたいものです。


久しぶりに訪ねたドーナツ工房レポロではたくさんの美味しいドーナツを収集しましたが中でも、


「全粒粉といちじく」は素晴らしいドーナツでした。
北海道の小麦「はるよこい」の全粒粉を使用した生地にいちじくとくるみが練り込まれています。
周りにはシナモンシュガーがたっぷり。


香ばしいくるみの食感といちじくのプチプチとした愉快な歯触りと深い甘み、それに負けない豊かな小麦の味わい、さらにシナモンシュガーの刺激的な香り、見た目は地味ですがうっとりするようなドーナツでした。
レポロはなかなか足を伸ばしにくい立地なのですが、行けば必ず美味しいドーナツに出会える魅力的なお店です。
また足を運ばなくては!


買い物のついでに揚げたてを楽しめる貴重なドーナツ屋さんと言えばグッデイズ・マラサダ
今年も小休憩に何度も訪ねました。


中でも2月に食べた「マラサダハニーバターシュガー」は美味しかったですね〜。


揚げたて熱々でさっくりと噛み付くと柔らかい生地がプシュ〜っとつぶれてしまうほど。
このマンスリーフレーバーは揚げ油にプラスバターの香りも楽しめちゃうアブラーにはたまらない美味しさでした。


揚げたてと言えばチュロスターの広尾店にも初めて行ってきました。


頂いたのは「プレーンチュロ」と「ホームメイド チョコラータ」


揚げたてチュロスに熱々のチョコラータ、最高!
熱過ぎて舌を火傷しました。
チュロスターの揚げたてチュロスはいわゆる行楽地のチュロスとは一線を画す、さっくりしっとりの本格的な生地。
本場スペインのチュロスマシーンを使って揚げられているんですよね。
今度は夏に行ってチョコ・チュロ・サンデーを食したいです。


退店のニュースが多いドーナツ業界にあってニューフェイスの登場には心躍りました。
大分湯布院発の自然派ドーナツ屋さんnicoドーナツです。
大豆ペーストや雑穀パウダーを使ったとても個性的な口ほどけのドーナツです。


「チーズとソーセージ」はお食事ドーナツとしても使える味わい深いドーナツでした。


おかずドーナツはほかのドーナツよりも少し歯応えのあるのですが、そのくにっとした歯応えに具材が巧妙にマッチしていました。
もちろんスイーツドーナツも丁寧に作られた個性派揃いで楽しめました。
広尾店は残念ながら1月いっぱいで閉店してしまうそうですが、麻布十番店頑張って欲しいです!


暑い夏にこの手があったか!と思ったのがタリーズコーヒー


「塩ショコラドーナツ」
たっぷりかかったチョコレートの中に光る宝石のような粒塩!


チョコの甘さの中から現れるがつんと刺激的な塩のしょっぱさに上がる上がる!
暑い夏を乗り切るガッツ蘇るドーナツでした。
タリーズコーヒーでは毎月のように新作ドーナツを目にした一年でした。
来年もガッツり期待してます!


リニューアル大成功だったのがカフェデュモンドのおなじみベニエです。



プレミアムベニエ シナモンシュガー」


以前のグルテンの強い生地も美味しかったのですが、新しくなって中のもっちりが軽くなりおかげで周りのさっくりも楽し見るようになりました。
塩気の効いた揚げたてベニエ、最高です。
池袋に行くのが毎回楽しみになりました。


パンの名店PAULで遂に来たーと小躍りしたのが


「ベニエ・ショコラ」
手に持つとずっしりと重いシェルドーナツ。


なぜなら中にはチョコレートとヘーゼルナッツのフィリングがぎっしり詰まっているから。
フィリングはプラリネ入りのチョコレートを食べているように濃厚です。
上にかかっているチョコはざりざりとした砂糖の食感。
さすがフランス生まれの名店、とにかく濃厚でチョコドーナツファンにはたまらない一品でした。


ドーナッツプラントでは今年もたくさんの魅力的なドーナツに出会いました。


「シェル ミルクティ」350円。
今年の秋には紅茶専門店カレルチャペックとのコラボ商品が店頭を賑わせてましたね。
その中で私が一番好きだったのがこのシェルミルクティ。


大の紅茶好きなのですが実はフレーバーティが苦手。
紅茶ドーナツと言えばアールグレイ一辺倒な商品が多い中で「エブリデイ」というセイロンティを使ったミルクティクリームがとても新鮮だったのです。
グレーズも紅茶の香りたっぷり。
まさに舌で味わうミルクティでしたね。
自由が丘店閉店など、縮小傾向がとても心配なドーナッツプラント。
これからも美味しいドーナツをたくさん提供して頂きたいです。


さて今年私的にも私の周辺でも最大のブームを巻き起こしたのが


ブーランジェリー ラ・テール「シナモンクラップフェン」でした!
私も長年色々なドーナツを友人知人の口に突っ込んで参りましたが、これほど喜ばれそして周りに飛び火した揚げ菓子は初めてでした。


見かけはゴツゴツと固そうな風貌ですが、齧ってみてびっくり!
実にふんわりしっとりとしてシュー生地のようなジューシーな軽い仕上がりなのです。
生地にはレーズンがたっぷりと練り込まれ、周りにはザクザクとしたシナモンシュガーがたっぷり。
かなり大振りなげんこつなのに、甘さ控えめでぺろりといけてしまいます。
何度もリピートし、たくさんの友人にプレゼントしました。
正直クラップフェンはドーナツの仲間的存在なので、ドーナツブログで一番人気だったのはいささか寂しい話ですが、美味しい揚げ菓子ということでよしとしましょう!

今年もたくさんの美味しいドーナツに出会えて幸せでした。
来年も目の覚めるような新作ドーナツに期待しましょう!
皆様よいお年を!


| ドーナツ雑記 | 22:30 | comments(6) | - |
ドーナツホットサンドがホットサンド本に?!
以前、フェイスブック内にある「ホットサンド倶楽部」というコミュニティに参加してホットサンドを楽しんでいる、という話を書きましたが、このホットサンド倶楽部がコミュニティの枠を超えて盛り上がり、遂にホットサンドのレシピ本が発売されることになりました。


「こんがり! ホットサンド レシピ100」1500円。

ホットサンドの楽しさは、冷蔵庫に今あるものや前日の残り物、果物やスイーツまで、何でもむぎゅ〜っと挟んで焼いて手軽に美味しくいただけてしまう所。
シンプルホットサンドにゴージャスホットサンド、お食事としてデザートとして、自由に遊び心たっぷりに楽しめるんですよね。
「こんがり! ホットサンド レシピ100」には、バラエティに富んだホットサンドレシピが紹介されています。
一度手にしたらきっとバウルーを買わずにはいられない!

valも以前紹介した狂ったドーナツホットサンドレシピで参加させて頂いております。
ぜひ皆さんもめくるめくホットサンドワールドを覗き見てください。

 
| ドーナツ雑記 | 08:32 | comments(0) | - |
ドーナツホットサンド
フェイスブックの中にホットサンド倶楽部と言うサークル(?)があります。
ホットサンドに魅せられた人々が様々な具材を挟んでは焼き食らっている実に楽しい部活であります。
私valも最近参加させて頂き、バウラー生活を楽しんでいる今日この頃なのですが、いつかやってみようと目論んでいたホットサンドに挑戦してみました。


「ドーナツホットサンド」(バカ)
8枚スライスの食パンの上に恭しく鎮座するのは愛してやまないクリスピー・クリーム・ドーナツの「オリジナルグレーズド」。
その上にkiriのクリームチーズを1ピース。
さらに板チョコをぽきぽき割って積み上げ、コンデンスミルクをぬ〜らぬら。
この上にもう一枚食パンを乗せて、ぎゅ〜〜〜んと圧縮。


切り口からドーナツの存在は伺えませんが、齧ってみるとしっかりオリジナルグレーズドの味わいが主張してきます!
ぐ〜っと押し縮められた生地はもっちりとしていつもの軽やかなドーナツとはまた違う美味しさ。
バターたっぷりで焼いたパンのさくさくにとろ〜り溶けたチョコレート、そしてクリームチーズのクリーミーな味わいが一緒になってめっちゃうま〜い!
これクセになりそうですよ〜。
ドーナツをちょっと買い過ぎちゃった時には、またぜひ挑戦してみようと思います。

| ドーナツ雑記 | 21:30 | comments(0) | - |
お花見で食べたドーナツ
日曜日は毎年恒例のお花見でした。


今回は、例年より一週間開催が遅れたため、桜はだいぶ散っていましたが、その分気温も高く日も長くていいお花見になりました。


例によって美味しいおつまみたくさんの飽食花見。

持ち込まれたドーナツは


クリスピー・クリーム・ドーナツ「サクラダズン」。
正しいお花見ドーナツ!


そしてお子様向けに「ミニ ボックス ハーフ」。
ひとくちサイズが今年も大人気でした。

このほか、写真を撮り忘れてしまったのですが、今空前のブームを巻き起こしている(私の周辺で、ですが)、ブーランジェリー ラ・テールのクラップフェンも持ち込まれ、さらにファンを増やした模様。
老若男女を問わずドーナツ好きにもドーナツは苦手、という人にもクラップフェンはもれなく大好評。
無敵の揚げ菓子ですよ。


お子ちゃまも笑顔で完食でした。

| ドーナツ雑記 | 12:38 | comments(2) | - |
レタスクラブムック「人気店で習ったドーナツレシピ 」

1月14日に発売された
レタスクラブムック「人気店で習ったドーナツレシピ 」の中で、
小さなスペースですがドーナツのことを語っています。

人気のドーナツ屋さん13店と、名店直伝のバラエティ豊かなドーナツレシピが美味しそうな画像とともにたっくさん紹介されていますよ。
ケーキドーナツから、イーストドーナツ、チュロスからサーターアンダギーまでおよそドーナツと類されるもののレシピは全て網羅されてます。
ページをめくるほどにドーナツが食べたくてたまらなくなりますよ〜。


| ドーナツ雑記 | 14:48 | comments(8) | - |
あのお母さんのハラにドーナツが!
私の心のドーナツ友!とも言うべきけらえいこさんの新刊「あたしンち16巻」が10月29日に発売されます。


なんと今回表紙のお母さんのハラにドーナツがど〜んと!
すごくかわいい!!
これは、ミスドのストロベリーリングかな?笑)

本編のあちらこちらに登場する森井ユカさんの粘度作品にもドーナツをはじめスイーツがあふれているそうで、ページをめくるのが今から楽しみ!
ドーナツコラボを彷彿とさせるストーリーが掲載されている「あたしンち15巻」と共に、私にとっては大切なコレクションアイテムとなりそうです。

ところで「あたしンち」といえば、11月13日からなんと3D版の劇場アニメが公開されるんですよね。
タイトルはずばり「劇場版3Dあたしンち」
3Dとは言っても、想像を超えた2D3D映画になってるという噂。
もしかしてドーナツも乱れ飛んでいるのかな?

 
  
| ドーナツ雑記 | 08:53 | comments(0) | - |
あのドーナツ漫画が単行本に
2年前に「ドーナツブームがついに漫画の中にまで」という記事で、「あたしンち」の中でドーナツブームが取り上げられたことを書きましたが、このお話が9月発売の最新刊に収められています。


私が東京で手に入るうまいドーナツを片っ端から集めて食べ比べちゃおうと、友人と悪ノリして開催した「ドーナツコラボ」を彷佛とさせるとても愉快なストーリーです。

実は、この回の水島さんのモデルは私です。(笑)
あのドーナツコラボに、著者のけらえいこ先生も参加していたのでした!
興味のある方は、ぜひ読んでみてください。


それにしてもドーナツコラボを開いたのが2007年の6月。
あれから2年半の間に、東京には驚くほどたくさんのドーナツ屋さんが開店しました。
クリスピー・クリーム・ドーナツが牽引した異常なほどのドーナツブームはさすがに下火になった気がしますが、スイーツの選択肢の一つとしては以前より存在感を増している気がしますよね。
今ならもっとバラエティ豊かなドーナツコラボを開催できること間違いなしですな。
最後は必ず地獄ですけどね。

| ドーナツ雑記 | 23:32 | comments(0) | - |
WA!スイーツフェア〜広がれドーナツの輪〜
プランタン銀座で行われている「WA!スイーツフェア〜広がれドーナツの輪〜」にやっと行ってきましたよ。


会場はもっとドーナツドーナツ!て感じで盛り上がってると思ったら、菓子売り場にばらばらと数店舗並んでいるという比較的地味な展開。
ざっくり回ってみると

 
「モグモグドーナッツ」。横浜にあるドーナツ屋さんです。

 
「豆腐ドーナツ専門店 ゆうゆう」。キムタクがチェンジってドラマで食べてたドーナツはこちらのもの。

 
「ダンデライオン」。北海道帯広から初登場。

 
「チャプチーノ」。代々木上原のパンケーキ屋さんが本店。
今だけ「ドーナツ星雲M57」がありますよ。かわいい!


「スウィートソウルスウィーツ」。これはドーナツ形のマフィンです。


「ミエル」。これはドーナツ形のスポンジケーキです。

こんな感じのお店がずらりと並んでいました。
3店舗でお買い物すると、ドーナツモチーフのキーホルダーがもらえる、と聞いていたのでわやわや買い込んだら、先着300名でもう終わっちゃったんですって。残念!
現物を見たらちょっと大きくて、私の携帯には不向きだったので、ま、いいか、と強がり言ってみる。(笑)

惜しむらくはせっかくのドーナツフェア、1店舗でいいから揚げたてドーナツが欲しかったな〜、というのが素直な感想でした。
27日から赤坂「ネイン」も出店するそうです。
3月16日まで開催です。

さて、個々の感想は次回から続々お届けします。
| ドーナツ雑記 | 18:26 | comments(2) | - |
コルトのCMのドーナツが気になる
三菱自動車のコルトのコマーシャルを見たことがありますか?
サイトのCMライブラリーからも見ることができるこのコマーシャル。
一瞬ですがピンクのドーナツが登場するのです。

むむむ、この体に悪そうなビビットなピンクドーナツはこれじゃないでしょうか?


オーストラリアのドーナツ屋さん「DONUT KING」の「Pink Sprinkled Donut」に良く似てる。
よく見ると、トッピングが微妙に違いますけど、かなり近いですよね。
このお店、日本ではあり得ない色合いのドーナツをたくさん販売しているらしく、以前から気になっているんです。
日本でミスドがコラボしたシンプソンズの毒毒ドーナツを、オーストラリアでコラボしたのがこのショップのこのピンクドーナツ。
写真で見る限りでは期待通りの毒毒ぶり、うう、一口かじりたい!病気になりそうだけど!
ドーナツ並べて世界一大きなドーナツ作っちゃったニュースも、おバカ丸出しで好感が持てますね。

しかし気軽には行けないなあ、オーストラリアは遠い。
| ドーナツ雑記 | 09:46 | comments(2) | - |
| 1/3PAGES | >>